社員重視、顧客起点発想、付加価値追及、サービスビジネス化を目指します。

代表取締役社長 田原 保
代表取締役社長 田原 保

社員重視、顧客起点発想、付加価値追及、サービスビジネス化を目指します。

人生100年時代と言われる今日、最後まで如何に幸せに「生ききる」かが問われようとしています。そして誰もがそれぞれの年齢や体力に応じて社会の一員としての役割が果たせる「生涯現役社会」の実現が叫ばれ、国を挙げた課題として様々な取り組みの計画がされようとしております。今後どの職場においても経営者や従業員自ら参加できる健康管理への取り組みが促進されて参ります。また年齢が進むに従って多様化する「健康需要」に対応するため、新サービスの創出が期待され、合わせて地域資源の活用と地域の実情にあった供給体制の整備が必要になるものと推察します。これらの実現には、今まで以上に当分野の経験を必要とし、より一層のICT活用が求められて参ります。

弊社は、2000年5月の創業以来、病院への常駐による医療情報システムの運用支援事業や医療情報システムおよび民需におけるシステム開発支援に積極的に取り組んで参りました。今後益々、これらの経験が生かせるものと確信しております。

医療分野へのICT活用の意義は、単に治療や診療の支援、会計処理等のサポートツール提供の観点から、医療や健康・福祉の在り方そのものに大きく貢献する仕組みへの組み込みや応用に転換され、更なる発展を遂げていくものと思います。

弊社は、社員と共に日々実践を積みながら、現場重視の姿勢を貫き、付加価値の高い「価値ある企業」としてお客様に喜んでいただけるサービスの提供に心がけ、社会の要求に迅速な対応ができる会社になれるよう精進して参ります。今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。

株式会社システム情報パートナー
代表取締役社長 田原 保